スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イブラヒモビッチ自伝 in イタリア

遅ればせながら・・・あけましておめでとうございます☆

2012年もどうぞよろしくお願いいたします。



我が家は年末年始、イタリア・ローマに帰省していました。

同じヨーロッパでも、スウェーデンとは全然気候の違うイタリア。

今スウェーデンは1日せいぜい6時間くらいしか日照がなく、午後3時には暗くなってしまいます。
一方、イタリアは日本と同じくらいの日照時間で、朝起きたら明るいし、夕方遅くまで活動できるのが嬉しいです。

もちろん雪も積もっていないし、毎日ショッピングやら動物園や公園に出かけて楽しみました。


マーケットに行けば冬でも新鮮な野菜や食材がたくさん売っています。

新鮮なモッツァレラや生のオリーブ、ローマにしかない冬野菜プンタレッレ(左)、焼きたてのピザ各種・・・

それだけで豪華なランチになります☆


アンチョビペーストとお酢で合えたプンタレッレは私の大好物。
毎日でも食べたい・・・・。



Italian lunch


イタリアでも本屋さんをのぞいてみました。

ショーウインドーには、やはりあの本が!!

io ibra

イオ・イーブラ 

訳すと ”オレ、イブラ”というところでしょうか。
スウェーデン語の Jag är Zlatan (アイ・アム・ズラータン)より、カッコイイですね。

イタリアでは、本国スウェーデンとほぼ同時期に出版されたはずです。
すごいですね。注目度の高さを感じます。
TVCMもやっていたとか。


他にもスウェーデンの本をいくつか発見しました。

スティーグ・ラーションはもちろん、カミーラ・レックベリ、ラーシュ・ケプラー、ジョー・ネズボーなど。やはり推理小説が強いですね~。

外国の本屋さんを覗くのも、面白いものです。



今年も引き続き、お仕事Blogをよろしくお願いします!


このサイトでは、他にもたくさんのスウェーデンの小説を紹介しています。
左側の”カテゴリー”より、是非ご覧ください!





関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 欧州サッカー全般
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

Twitter...
読書カレンダー本棚
久山葉子の作品一覧
カテゴリ
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
プロフィール

yokokuyama

Author:yokokuyama
1975年生まれ。
神戸女学院中高部、同大学文学部卒。
AFSでスウェーデンの高校に留学。

北欧専門現地手配旅行会社、スウェーデン大使館商務部勤務を経て、2010年初めに家族でスウェーデンへ移住。

現在は、日本の出版社さんにスウェーデンの本を紹介し、翻訳するお仕事をしています。

日本の雑誌への寄稿や撮影手配もしています。

趣味は、オーケストラ演奏、ヨガ

執筆した記事、翻訳した本etc
Powered By 読書カレンダー
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。