スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近で一番面白かったスウェーデンの推理小説

まだそんなに有名じゃないんですけど、トーヴェ・アルステルダルという女性のデビュー作、

”海岸の女たち”


kvinnorna.jpg


あんまり期待せずに読み始めたら、

すんごい面白かった!!


びっくり~


読み終わるのが残念だったけど、昨晩エンディングを読み終えてしまいました。

うーん、早速、新作が楽しみ。





この小説は、いい意味で ”スウェーデンらし過ぎない”

スウェーデンはあんまり出てきません笑

むしろ、とても面白いハリウッド映画を観たような感じ。

人身売買や奴隷という社会問題が描き出されています。




主人公は複雑な過去を持つ、現在はNYでブロードウェーの舞台美術を担当する30半ばの女性アリー。

愛する夫はピューリッツァー賞候補にもなったフリーランスのジャーナリスト。
危険な取材のために単身パリへ乗り込み、行方不明に。
入れ違いに妊娠がわかったアリーは、夫を探しにパリへ。

真実を知れば知るほど、個人には太刀打ちできない社会の闇に飲み込まれ、何度も命の危険にさらされます。

一体、夫は生きているのか?

アリーは最後、死を覚悟して相手に挑みます。


ここまで彼女を強くさせたのは、お腹の中の子供の存在。


翻訳したこちらの本の主人公もそうでしたが、女って強い、母親って強い。と勇気をもらえる話でした。(アリーは架空の人物ですが)

生き抜いた私   サダム・フセインに蹂躙され続けた30年間の告白生き抜いた私 サダム・フセインに蹂躙され続けた30年間の告白
(2011/09/14)
パリソウラ・ランプソス、レーナ・カタリーナ・スヴァンベリ 他

商品詳細を見る



スウェーデンにいる皆さんは、是非スウェーデン語で読んでみて下さい。すごく読みやすいです。


日本語版:発売未定
(ご興味のある出版社さまは左のメールフォームよりご連絡下さい)


このサイトでは、他にもたくさんのスウェーデンの小説を紹介しています。
左側の”カテゴリ”より、是非ご覧ください!








関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 最近読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

はじめまして(^^)

はじめまして スリランカのアンマと申します。
本の売り込み成功をお祈りしてます。読んでみたいです。
また、翻訳された「生き抜いた私・・・」主人が来月、日本に帰国するので買ってきてもらおうと思っています(^^)
Twitter...
読書カレンダー本棚
久山葉子の作品一覧
カテゴリ
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
プロフィール

yokokuyama

Author:yokokuyama
1975年生まれ。
神戸女学院中高部、同大学文学部卒。
AFSでスウェーデンの高校に留学。

北欧専門現地手配旅行会社、スウェーデン大使館商務部勤務を経て、2010年初めに家族でスウェーデンへ移住。

現在は、日本の出版社さんにスウェーデンの本を紹介し、翻訳するお仕事をしています。

日本の雑誌への寄稿や撮影手配もしています。

趣味は、オーケストラ演奏、ヨガ

執筆した記事、翻訳した本etc
Powered By 読書カレンダー
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。