スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

男を惹きつけておく女のテクニック

9月14日に発売になります私が翻訳させていただいた本。


愛くるしい瞳と流れるような長い金髪。
大富豪の令嬢。
バグダッドのプリンセスと呼ばれていた16歳の主人公。

あるパーティーで出会ったハンサムな将校。
皆が王子様のように扱う彼は一体何者?

それは若き日のサダム・フセインでした。

政治のことなど何も解らない彼女は、サダム・フセインと恋に落ちます。
本気の、初恋。



・・・・以来30年以上に渡り、切りたくても切れない関係が続きます。

妻の他に、何百人もの愛人がいたというサダム・フセイン。

その多くは飽きたら捨てられ、殺された子もいたでしょう。

他の方法で”処理された"子も大勢いたようです。(詳しくは本の中に出てきます)



なぜこの本の主人公パリソウラだけが、ずっと手元に置かれ、大切にされたのか。

本の中には”男を、夫を惹きつけておく”コツが沢山出てきます。

現代の女性にもアドバイスになるような要素がたくさんです!

世界一無慈悲な男を何十年も魅了し続けた彼女が言うのだから、説得力ありすぎです。


そういう視点で読んでみても面白い本ですよ♪

生き抜いた私   サダム・フセインに蹂躙され続けた30年間の告白生き抜いた私 サダム・フセインに蹂躙され続けた30年間の告白
(2011/09/14)
パリソウラ・ランプソス、レーナ・カタリーナ・スヴァンベリ 他

商品詳細を見る




このサイトでは、他にもたくさんのスウェーデンの小説を紹介しています。
左側の”カテゴリ”より、是非ご覧ください!

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : オススメ本
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

Twitter...
読書カレンダー本棚
久山葉子の作品一覧
カテゴリ
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
プロフィール

yokokuyama

Author:yokokuyama
1975年生まれ。
神戸女学院中高部、同大学文学部卒。
AFSでスウェーデンの高校に留学。

北欧専門現地手配旅行会社、スウェーデン大使館商務部勤務を経て、2010年初めに家族でスウェーデンへ移住。

現在は、日本の出版社さんにスウェーデンの本を紹介し、翻訳するお仕事をしています。

日本の雑誌への寄稿や撮影手配もしています。

趣味は、オーケストラ演奏、ヨガ

執筆した記事、翻訳した本etc
Powered By 読書カレンダー
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。