スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ドラマに負けないくらい美しいスウェーデンの卒業生たち♪

スウェーデンは高校卒業式シーズン。

スウェーデンで高校を卒業するのは、ついに大人への第一歩を踏み出す、という意味合いが強く
日本よりも盛大に卒業を祝います。

先週~来週にかけて、卒業生たちは連日イベントやパーティーに大忙し。

一体何着のドレスが必要なのでしょうか・・・と心配になるくらいに。

週末には、町の高級ホテルでStudentbalと呼ばれる祝賀舞踏会。

タキシードとイブニングドレスに身を包んだ高校生たちが集まります。

この日のために学校でワルツの授業があるほど。舞踏会デビューも大人への第一歩。

ホテルの前レッド・カーペットには美しく着飾った女子高校生たちが、彼氏の運転するオープンカーで次々と乗りつけます。

とても華やかで。

人生で一番美しいこの時を象徴するようなイベントです。

私は高校で日本語を教えている関係で、謝恩会に出席させてもらいました。

市庁舎の”鏡の間”というホールを貸切で、コース料理を食べつつ、生徒や先生たちによるスピーチや出し物があり盛り上がります。

lararemiddag.jpg


なんかちょうど日本の披露宴のような感じでしたよ。

今夜の女子高生たちの装いは、今流行りの超ミニ、肩出しのミニマムなドレスの子が多かったかな。

皆美しい金髪や栗色の髪をきれいに巻いたりアップにしたりして・・・

みんな、ドラマ「ゴシップガール」に負けないくらいの美しさでしたよ!


先生や生徒のスピーチには笑いアリ涙アリの感動的なものでした。

毎年恒例の生徒による”ミニ映画”は、生徒たちがそれぞれの先生に扮してドラマ仕立てになっています。

みんなモノマネがうまい!笑

”私”も登場しましたよ。日本語話したり、黒板に書いたりしてた・・・


学校の先生という職業は、大変というイメージが強かったのですが、

こうやって生徒と先生の愛と友情と涙を目の当たりにすると、すごく素敵なお仕事だなと感じました。

高校の3年間って、何気なくすぎていくけれど、人生の中でとても重要な意味を持つときでもあります。

でもそれは後から振り返ってしかわからないこと。

だからこそ、先生が青春真っ只中の子供たちに何をアドバイスしてあげられるかってすごく重要なことだと思います。

ほんとに奥の深いお仕事。

来年から、ますます精進していきたいと思います。


クリックお願いします
↓  ↓  ↓

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村







関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 日本語教師・語学留学
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

Twitter...
読書カレンダー本棚
久山葉子の作品一覧
カテゴリ
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
プロフィール

yokokuyama

Author:yokokuyama
1975年生まれ。
神戸女学院中高部、同大学文学部卒。
AFSでスウェーデンの高校に留学。

北欧専門現地手配旅行会社、スウェーデン大使館商務部勤務を経て、2010年初めに家族でスウェーデンへ移住。

現在は、日本の出版社さんに、スウェーデンの本を紹介し、翻訳するお仕事をしています。

日本の雑誌への寄稿や撮影手配もしています。

趣味は、オーケストラ演奏、ヨガ

執筆した記事、翻訳した本etc
Powered By 読書カレンダー
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。